それぞれ違う太陽光発電のメリット 地域や生活に応じて変わる自家発電のメリットを紹介します。

岐阜市は向いてます

岐阜市が太陽光発電設備導入に向いてるのは、日照時間が長いからです。
この土地は地下水も多いとの事で、資源が豊富だといえます。
岐阜市は、この地域性を活かすために総務省が委託事業として行ってる、緑の分権改革推進事業の一環として、調査をしてます。
これは、総務省と岐阜県が委託契約を結んで、県から岐阜市へ再委託された調査です。
緑の分権改革というのは、クリーンエネルギーなどの地域資源を把握して、最大限に使おうという目的で、発足してます。
地域の活性化・絆の再生・地方から人材や資金が首都へと集まる中央集権型の社会構造を、地域の自給力と創富力を高められる地域主権型社会へ転換しようという計画です。
そこで、岐阜市では地域の低炭素化を進めようと、岐阜駅周辺の市街地や、市有施設の90箇所を、太陽光発電設備が導入出来るかどうか調べてます。
その結果の詳しい事は、市のホームページへ記載されてまして、いろいろ工夫して設備を設置してました。

Post Navigation