それぞれ違う太陽光発電のメリット 地域や生活に応じて変わる自家発電のメリットを紹介します。

岐阜県は日照時間が長くて最適な地域。

皆さんは岐阜と聞いて何を連想しますか。
旅行が好きな人は飛騨高山や白川郷、
長良川の鵜飼は有名ですね。
歴史が好きな人であるならば斎藤道三や岐阜の名前の由来などを即座に連想するかもしれません。
しかし愛知県などと比べると少し地味な印象があります。
岐阜県で太陽光発電をしようと思った場合大変優秀な点があります。
日照時間が長いことです。
意外な感じがしますが全国のベスト10に入っています。
言うまでも無く太陽光発電は日の光がないと発電しません。
太陽光発電の最大のデメリットは夜間発電しないことなのです。
その点岐阜県は日照量が多くて太陽光発電には適しているといっていいでしょう。
それに岐阜県は年間の平均気温はどうでしょうか。
岐阜県は日照時間と比べて平均気温は全国23位になっていて、
日照時間は長いけども平均気温は低いといったまさに太陽光発電にはもってこいの土地柄です。
太陽光パネルの材料になる結晶シリコンは熱に弱いと言う性質があり、
太陽光発電は一定の温度以上になったら発電量が落ちてしまうと言う欠点があるのです。
その点を考えると岐阜県は優秀な土地なのです。

Post Navigation