それぞれ違う太陽光発電のメリット 地域や生活に応じて変わる自家発電のメリットを紹介します。

岐阜市で計画している太陽光発電所建設

近年、地球温暖化の防止のために太陽光発電の導入が進められています。
太陽光発電では、クリーンな太陽光を利用して電力を発生するため、環境に配慮したうえでの電力の供給が可能となります。
また、原子力発電所の事故が起きたことで、日本国内では脱原発の動きがみられています。
そこで、安全であるという面からも太陽光発電の導入が求められています。
太陽光発電を行うには、発電モジュールを建物の屋上や敷地に設置しなければなりません。
また、安定した電力の確保を行うためには広大な敷地が必要となります。
そこで、岐阜市では、太陽光発電所をその所有地に建設する計画が進められています。
岐阜市には、そもそも発電所がありません。
そこで、太陽光発電所の建設は、岐阜市による電力の地産地消とも言うことができ、多くの期待が寄せられています。
市の所有地を用いるということで、土地の提供を受けた電力会社の利益になるものではなく、住民への利益に還元される必要があります。
岐阜市内に発電所ができることで、住民は安定した電力の供給を受けることができ、快適な生活を送ることができるようになります。

Post Navigation