それぞれ違う太陽光発電のメリット 地域や生活に応じて変わる自家発電のメリットを紹介します。

大垣市での太陽光発電助成制度

大垣市では、太陽光発電のシステムを導入した一般住宅に対して、助成金を交付する制度を作っています。
新しいエネルギーを普及させること、それも拡大させながら普及させることが今後求められていくわけですから、自然エネルギーにも当然のことながら目を向けています。
一般家庭に太陽光発電システムを導入することは、地球温暖化につながる温室効果ガスの排出削減にもつながることから、これからはひとつひとつの家を電力を作る場に替えていかなくてはなりません。
大垣市はこのような考え方のもと、太陽光発電システムを導入した住宅に対して助成金を交付しますが、大垣市がある岐阜県では、まだ太陽光発電システムの導入に対する助成金交付の制度を作っていません。
そのため、大垣市で太陽光発電を導入するとなれば、国と大垣市の2つからの助成金ということになり、都道府県を加えて3つから受けるということができず、少々残念です。
大垣市の取り組みはこれからますます各地で必要とされることですし、次世代エネルギーの確保が急務となった日本においては、都道府県もすべて太陽光発電システムへの助成を行っていくことが不可欠だと思われます。
そうすることで原子力に頼ってきたエネルギー政策も、新たな方向へとかじ取りができると思います。
大垣市が独自に助成金を出す制度を作っているのですから、大垣市を含めるすべての市を統括する岐阜県としても早急に制度作りを進め、より導入しやすい環境を作ることが明るい未来につながると思います。

Post Navigation